花粉症を改善する方法がある

この記事をシェアする

花粉症の人は確認しておこう

飲み薬で治療しよう

症状が起こるのは、ヒスタミンという成分が体内で分泌されるからです。
ですから花粉症の治療をする時は、ヒスタミンの分泌を抑える薬を処方されることが一般的です。
あとは症状に合わせて、鼻づまりを抑える薬や目のかゆみを抑える薬を処方されます。
薬は、飲む時間が決められています。
守らないと、正しい効果を発揮できないので注意してください。

食事の時間が不規則になりがちな人は、事前に医師に相談しておきましょう。
すると食前や食後ではなく、寝る前や朝起きたあとに飲む薬を処方してくれます。
どうしても食前や食後に飲む薬しかなかった場合は、なるべく規則的に食事を済ませるよう努力してください。
花粉症の改善には、そのような努力も必要です。

目や鼻に直接効果を発揮できる

飲み薬だけでは、鼻づまりや目のかゆみを抑えることができないことがあります。
その場合は、点鼻薬や点眼薬を使って直接患部に薬を投与してください。
また花粉症のほとんどの症状を改善できる点鼻薬があります。
目のかゆみにも聞くので、それを処方されるケースが多いです。
まだ症状が起こって間もないころに、点鼻薬を使うと悪化を防ぐことができます。

放置していると症状が悪化して、薬の効果を十分に発揮できなくなってしまいます。
花粉症の症状に気がついたら、すぐ病院へ行くのがおすすめです。
初期症状の段階なら、簡単な治療で終了します。
すると、治療費も安く済ませられるというメリットが生まれます。
あとで病院へ行けば良いと思わないでください。



PAGE
TOP